自毛植毛の施術法解説

 

≪植毛で人気のクリニック特集≫自毛植毛の前にチェック!

 

自毛植毛とは、自分自身の毛髪を、すでに薄くなってしまった部分に移植を行い、半永久的に髪の毛が生え続ける毛髪サイクルを生み出すという、毛髪医療としては最先端の手術です。自毛植毛には、さまざまな手術方法があり、手術方法は、クリニックによって異なりますので、事前にどのような方法があるのか、確認する必要があります。

 

いま、海外や日本国内でも最も一般的な手術は、メスを使って頭皮を毛根ごと薄く切り取り、移植する「FUT法」です。メスを使って切り取るというと、なんだか痛そうな気もしますが、局所麻酔で行い、3〜4時間前後で終わる手術ですので、入院なども必要ありません。切り取った部分は縫合しますので、線上の傷跡が2mm程度の深さで、薄く残ります。「FUT法」のメリットは、何よりも、移植後の定着率が良いという点です。

 

ドナーの無駄が少なく、自然に仕上がるため、とても人気の高い植毛法となっています。次に、メスを使わずパンチのような機器で毛包ごとくり抜き、移植を行う「FUE法」があります。「FUE法」は、1mm程度の小さな点のような傷跡のため目立たない、縫合をせず自然治癒のため、痛みが少ないというメリットがあります。

 

頭皮が硬い方や、痛みに弱い方、移植部分が少ない方の場合にお勧めの植毛法です。最後に、韓国で誕生した単一植毛「ニードル法」と呼ばれる植毛法があります。サイズの違う2本の針を使って、穴あけをしながら植え込みを同時に行い移植していきます。

 

くり抜きと移植を同時進行で行うため、出血も少なく、傷跡が残りにくいというメリットがあります。生え際やこめかみ部分などのデザイン性が必要となる部分的な植毛に適した植毛法ですが、一本ずつ処理するため時間が掛かりますので、その分費用も高くなってくるというデメリットがあります。

 

それぞれ、どの植毛法にもメリットやデメリットがありますが、何よりも大切なことは、施術経験の多い医師に施術をしてもらうこと、医師やスタッフと相談しながら、ご自身の頭皮の状態に合っている施術法で手術をしてもらうということです。

自毛植毛は痛くないですか?

 

≪植毛で人気のクリニック特集≫自毛植毛の前にチェック!

 

男性が年齢を重ねるにつれて抱える悩みとして代表的なのは、薄毛といえます。髪の毛が薄くなると、見た目に老けて見られますし、他人からの視線に晒されてしまいます。そのような悩みの解消法として、ウィッグ、育毛などの方法が有ります。中でも最も効果的とされているのが、自毛植毛です。

 

この自毛植毛とは、抜け毛が進行して薄くなっている頭皮部分に後頭部の頭皮を移植するものです。そもそも薄毛の原因は、男性ホルモンによるものです。自毛植毛で移植する頭皮は、このホルモンの影響を受けにくい後頭部にあります。したがって、移植後に薄毛症状が進行する事もなく、長期間にわたり生え続けます。自毛植毛は、だんだんと生え揃って自然な風合いになるので、周りから変な目で見られません。

 

この自毛植毛は、そもそも頭皮をメスで除去して移植する施術です。なので、多くの方は施術を行うに当たり、痛みについて心配されています。また、痛いのが嫌で、施術に二の足を踏んでいる方は多くいます。ですが、クリニックでは、基本的に手術の際は痛みに配慮して頭皮へ局部麻酔を行います。この麻酔のおかげで、手術中に痛みを感じることは全くないです。ただベッドに横たわっているだけで、苦痛を感じずに施術は終わります。

 

しかし、施術後の麻酔が切れた際には、少し痛みを感じることになります。我慢できないくらいの鋭い痛みということはなく、軽くチクチクとしたような痛みがあります。また、手術により少なからず頭皮を傷つけているので、患部から出血するケースもあります。しかし、クリニックでは術後に必ず痛み止めを処方してくれます。そのため、そこまで心配する必要はないです。このような施術後の痛みや出血は、時間が経てば徐々に収まっていきます。

 

実際に、自毛植毛を行った方の口コミを見ると、施術前は痛みが不安だったがそこまで心配する必要はなかったという感想が多く見られます。したがって、自毛植毛は痛みが苦手な方でも安心して施術が受けられるものだといえます。

自毛植毛の施術後の傷について

 

≪植毛で人気のクリニック特集≫自毛植毛の前にチェック!

 

自毛植毛とは、ご自身の毛髪を移植し、半永久的に髪の毛が生え続けるサイクルを作り出すという毛髪医療で、多くの薄毛に悩む男性から評判となっています。ご自身の毛髪を頭皮ごと薄く切り取り、すでに髪の毛が薄くなっている部分に移植を行うとても高度な手術ですが、局所麻酔で行い、およそ3〜4時間程度で終わりますので、入院の必要はありません。

 

自毛植毛には、メスを用いた施術法である「FUT法」が最も一般的となります。「FUT法」では、頭皮を切り取った後は縫合をしますので、薄く1〜2mm程度の深さの傷跡が線上に残ってしまいます。頭皮を縫い合わせた部分は、個人差もありますが、約2カ月程度で少しずつ赤みが治まっていき、半年ほどで分からなくなります。

 

男性の場合は、よほどの坊主頭にでもしない限り、傷跡が分かるようなことはありませんし、女性の場合は、男性よりも髪の毛が長いので、気になるような傷にはならないでしょう。メスを使用しない「FUT法」の場合には、1mmくらいの小さなパンチのような器具で、毛包単位でくり抜いていきますので、傷はとても小さく、縫合する必要がありません。自然に治癒していきますので、数日でほとんど気にならなくなります。

 

ただし、小さな丸い点の傷として残りますが、およそ1mm程度の傷ですので、髪の毛で隠れてしまいます。いずれの方法でも、傷跡はいずれ目立たなくなりますが、移植を行うと術後1ヶ月前後には、毛根が一時的な休止期に入りますので、大半の髪の毛が抜け落ちてしまう場合があります。

 

以前よりも抜け毛が増えたように感じる方もいらっしゃるようですが、この一時的な脱毛症状は、毛髪が正しいヘアサイクルに変わり、次の髪の毛が生えてくる準備段階として必要な症状ですので、あまり気にせずに落ち着いて過ごすようにしましょう。休止期を終えると、多くの方が半年から1年程度で、移植した部分が分からないほど髪の毛が生え揃い、正しいヘアサイクルへと移行をしています。

多くの男性が抱える悩みとして、頭髪に関する事があります。

 

≪植毛で人気のクリニック特集≫自毛植毛の前にチェック!

 

薄毛や脱毛などは、外見上の大きなコンプレックスとなりますし、年齢以上に見た目を老けて見せる要因にもなってしまいます。
こうした脱毛の症状を比較的若いうちから抱えている人も多く、症状を改善するための様々な育毛剤などが人気を集めています。

 

これらの男性に多く見られる脱毛症は、AGAと呼ばれるもので、その要因には様々な要素があると言われています。
その中でも特に大きな要因とされているものが生活習慣の乱れや生活の中でも様々なストレスです。
こうした要因を改善する事ももちろん必要ですが、本格的なAGA治療を行なうのであれば根本的な対策をとることも非常に重要です。
AGAは男性ホルモンに5アルファリダクターゼと呼ばれる物質が作用する事で、ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質に変容する事が大きな原因とされています。

 

これを防ぐには5アルファリダクターゼの働きを抑制する薬剤を使用するのが非常に有効です。
ジヒドロテストステロンが生成されてしまうと頭髪を育成するサイクルが乱されてしまい、新しい頭髪が生えるのを阻害されてしまいます。
そのため、このサイクルを正常な状態に回復させるのが最も大切な事となります。
また、それと同時に頭髪を生やす毛包細胞に栄養を十分に行き渡らせる事も重要になります。
頭皮に垢や皮脂が溜まっているような状態では、栄養の供給が十分になされず、育毛を阻害する要因となってしまいます。

 

そこで、頭皮を清潔に保つと共に、毛包細胞に栄養を効率的に供給できる環境を作り出す事も非常に効果的な治療となります。
AGA治療を専門に扱う医療機関であれば、それぞれの人の体質や頭皮環境に合わせた最適な治療方法をとることが可能です。

 

無料での診断やカウンセリングを実施しているところも多いので、頭髪の状態が気になり始めたらまずは相談して見ることが大切です。
専門の医療機関では直接的な治療の他、生活習慣の改善や頭皮のケアなど多角的なサポートを受けることができるのも大きな利点です。

育毛に効き目があるサプリとして注目されているのがノコギリヤシ

 

≪植毛で人気のクリニック特集≫自毛植毛の前にチェック!

 

様々な育毛サプリに配合されている栄養成分であり、薄毛対策に効く可能性があると見られています。

 

ノコギリヤシが注目されている理由に5αリダクターゼを予防できる可能性があるからです。5αリダクターゼは還元酵素のことですが、この酵素が要因になって薄毛になることがあります。そして男性の最たる薄毛の原因であるAGAの元になっている存在こそが5αリダクターゼであり、この酵素を抑制する作用があるノコギリヤシはAGAを改善する為にも有効性があるのではないかと言われているのです。
5αリダクターゼを阻害する為の治療薬もありますが、ノコギリヤシの方が安全性の高さで優れているのも注目されている理由です。

 

専用の治療薬の場合ですと性欲減退作用だったり精子量の減少など、男性機能に影響する可能性があると言われていますが、ノコギリヤシの場合はそういった副作用がないと言われています。天然由来の成分ですので身体への負担が小さいですし、安全にAGA対策ができるのです。

 

その為、今では育毛サプリの数多くに配合されていますし、治療薬を使用するのは抵抗があるという方に適した存在と言えるでしょう。

 

ただしノコギリヤシの有効性ははっきりと証明されている訳ではありませんので注意が必要です。作用のメカニズムは治療薬に近いものとされているものの、しかし臨床試験で発毛効果が確認されている訳ではありませんので、まだサプリの域を出ていないのが現状です。

 

その点、治療薬は臨床試験で発毛効果が確認できたという効果を示す確固たるデータがありますので、比較してみると信憑性には差があると言えるでしょう。

 

しかしながらノコギリヤシは前立腺肥大症に改善効果が見られたという報告があります。治療薬を利用した場合も同様に改善効果が見られるのですが、それと同じ効果がノコギリヤシにあったということはAGAに効く可能性があるということを示しています。